スポンサーリンク

ニュース

健康に見える子どもにも潜む、生活習慣病リスク

更新日:

 

■肥満傾向の子どもは減っているが…。
子どもの生活習慣病リスクといえば、やはり肥満が問題。肥満から糖尿病となってしまう子どももいます。その要因は運動不足や、塾通いの夜型生活、また食生活などが指摘されています。

実際にこうした問題に関連して、平成17年の「国民健康・栄養調査」において、「肥満」「太りぎみ」の子どもが男女ともに約2~3割いることが報告されました。

ただその後の、現状の結果を示す平成27年度「学校保健統計調査」を見てみると、肥満児については平成18年以降は概ね減少傾向がみられ、平成23年度以降は横ばいに推移しています。

8歳男子6.70%・女子6.31%、14歳男子7.94%・女子7.14%、17歳男子10.22%・女子7.75%で、肥満児は1割もいない状態です。

 

続きは http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000005-nallabout-hlth

 




スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.