ニュース 衛生管理

O157後遺症で死亡、堺市が遺族に補償金

更新日:

堺市の学校給食が原因で1996年7月に発生した病原性大腸菌オー157による集団食中毒で、市教委は26日、後遺症のため昨年10月に亡くなった同市北区の女性(25)の遺族と、補償金約6275万円を支払うことで合意したと発表した。これで、補償対象9119人のうち、4遺族を含む9108人と合意した。

 

続きは 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160427-OYO1T50006.html

 






スポンサーリンク

-ニュース, 衛生管理

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.