ニュース

スクールロイヤーで研究調査 文科省が概算要求に

更新日:

不登校やいじめ、学校管理下の事故などで、学校と保護者などとの間にトラブルが生じる。ときにそれは、訴訟に発展している。こうしたなか、文科省は平成29年度の概算要求に学校での法律相談に応えることができるようにスクールロイヤーの研究調査を新たに盛り込んだ。
日弁連は、1校に1人のスクールロイヤー配置を提案。保護者からの暴力や不当要求、給食費の不払いが増加しているなか、教職員が適切に対応できるように助言を行うとしていた。

 

つづきは https://www.kyobun.co.jp/news/20160902_05/

 

 




スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.