スポンサーリンク

アレルギー ニュース

学校不祥事の顛末-給食中のアレルギー事故で女子児童が死亡-(2)

投稿日:

かけがえのない命を守るために 学校と教職員に求められること

【今月の事例】
A県教育委員会は、B市の小学5年の女子児童が給食を食べた後、アレルギー症状を起こして死亡した事故で、当時の担任だった男性教諭(29)を同日付で停職1カ月、校長(57)を戒告の懲戒処分とした。県教委によると、死亡した児童が給食のおかわりを申し出た際、担任は児童がアレルギー症状を引き起こす食品かどうか確認を怠り、校長も教諭への指導監督を徹底していなかったという。
………………………………………………………

■ 教えるプロ意識の欠如

食物アレルギーを有する児童生徒への対応は、日々の健康管理を行う学級担任や養護教諭はもとより、教職員全員で共通理解を図り、校内体制等を確立していく必要があります。具体的には、以下のような取り組みが求められます。

■ 食物アレルギーを有する児童生徒の把握と対応

食物アレルギーを有する児童生徒の情報を正確に把握するため、希望する保護者に「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」を提出してもらいます。学校はこれを参考にしながら、保護者や主治医、学校医等と相談しながら、適切に対応していくことが求められます。

食物アレルギーへの対応は、あくまでも医師の診断と指示に基づいて行う必要があります。管理指導表については個人情報の取扱いに十分留意しつつ、緊急時には教職員がすぐに見られるような形で管理することが大切です。

つづきは http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160918-00010000-kyousemi-soci

スポンサーリンク

-アレルギー, ニュース

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.