ニュース

鳥栖市給食施設の破損因果関係の早期究明を

更新日:

鳥栖市の学校給食センターの天井の一部が4月の熊本地震ではく落した問題は、開会中の9月市議会で市の対応の遅れと甘さが指摘された。施工不良と被災の因果関係調査、本格復旧の見通しは立っておらず、早急な対応が必要だ。

市は被災後、施工は文科省の手引通りに適正に行われたとしてきたが、災害復旧工事で施工不良が発覚した。市議会一般質問では施工不良を業者が認めているかどうかを巡り、橋本康志市長が答弁を修正するなど、市が事実関係を把握、整理できているのか、頼りなく不安な場面があった。

http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/362187

スポンサーリンク

おすすめ書籍

-ニュース

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.