未分類

ジャガイモ食中毒、9割が学校菜園 「栽培法の周知を」

更新日:

ジャガイモの皮や芽に含まれる有毒成分による食中毒の9割が学校で起きていることが国立医薬品食品衛生研究所の調査でわかった。学校の菜園で十分な大きさまで育てずに食べたのが主な原因という。専門家は「正しい栽培法の周知が必要」と指摘する。

ジャガイモの芽には、ソラニンなどの有毒成分があり、腹痛や吐き気をもたらす。生育不足や栽培中に日光が当たると皮も有毒になる。このため芽を間引いてイモの数を抑えて成長を促す「芽かき」や、日光に当たらないよう茎の周りに土を盛る「土寄せ」が必要になる。

http://www.asahi.com/articles/ASJBQ7DGSJBQULBJ00H.html

スポンサーリンク

-未分類
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.