スポンサーリンク

ニュース

給食センター被災現状視察 文科省担当官

更新日:

 

鳥取中部地震で被災した倉吉市学校給食センター(同市生田)を15日、文科省の担当官が視察し、現状を把握した。市教委は近く、復旧に要する費用の3分の2の補助がある災害復旧制度の適用に向けての調査を実施し、文科省に申請する。

視察したのは同省大臣官房文教施設企画部防災推進室の担当係長ら2人。福井伸一郎教育長の案内で、側面の壁に被害を受けた調理室と、天井に敷き詰めていた断熱材がぶら下がった状態の洗浄室を見て回った。

視察後、担当官は「目に見えないところも確認する必要がある」と詳細な調査の必要性を指摘した。

福井教育長は「早く見ていただきありがたい。ノウハウや知見を頂きながら、一刻も早く修繕し、子どもたちに安全な給食を提供したい」と話した。

担当官らは14日に行われた公立学校施設災害復旧事業の制度説明のために来県し、この日は地震被害のあった倉吉西中体育館なども視察した。

http://www.nnn.co.jp/news/161116/20161116002.html

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.