雑記

栄養教諭を取り巻く環境について1 栄養教諭・学校栄養職員配置基準

更新日:

栄養教諭・学校栄養職員の配置基準は以下の文科省のリンクより確認することができます。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/029/shiryo/05070501/s003.pdf

 

義務標準法に基づく標準定数は、都道府県ごとに置くべき義務教育諸学校の教職員の総数を算定するもの。都道府県は、これを標準として、校長、教頭及び教諭等、養護教諭、栄養教諭等、事務職員、特殊教育諸学校の教職員の定数を条例で定める。

 

(人数は児童・生徒数)

学校給食単独調理校

550人以上の学校数×1

550人未満の学校数×1/4

共同調理場

1500人以下×1

1501人~6000人×2

6001人以上×3

 

※人数に教職員、調理員、及び幼稚園、保育所等は含まれない。幼稚園や教職員等を除いた食数で1501人を超えないと共同調理場では2人配置にはならない。

 

栄養教諭・学校栄養職員の配置に関する課題

学校給食は教育の一環と位置付けられているにも関わらず、学校給食法は奨励法であり、学校給食の実施は各自治体に委ねられている。そのため、栄養教諭・学校栄養職員は必置の職員ではない(置かなくてもよい)

学校教育法では、『小(中)学校には、校長、教頭、教諭、養護教諭及び事務職員を置かなければならない』とされ、栄養教諭及び学校栄養職員は『その他必要な職員を置くことができる』となっている。

食に関する指導やアレルギー対応等、給食に求められていることが多様化しているにも関わらず、配置は給食管理を目的とした食数に応じた配置数となっている。

共同調理場勤務の場合、複数の配送校を抱えるため、各学校の児童生徒に合わせた個別の栄養管理を行うことが難しい。

学校栄養職員の職務には食に関する指導が明確に位置付けられておらず、栄養教諭に準じて行うとされているため、学校の体制や個人の力量に委ねられてしまう。一方、このことで、学校栄養職員も栄養教諭の職務と同等の内容が可能となるため、栄養教諭と学校栄養職員の職務内容の違いが明確ではないため、栄養教諭への任用替えが進まない。

栄養教諭と学校栄養職員の配置は、給食管理を基準に算定された定数の同じ枠であるため、学校栄養職員から栄養教諭への任用替えが進まない限り配置が増えない。

次の項目

栄養教諭を取り巻く環境について2 栄養教諭・学校栄養職員配置状況

栄養教諭・学校栄養職員配置を取り巻く環境(H28年度現在)は以下の通りです。   上表の値を  栄養教諭数 / (栄養教諭数+学校栄養職員数)  で計算し、百分率でグラフしたものが下図です。 ...

続きを見る

前の項目

no image
学校給食実施状況等調査について4 学校給食実施状況の推移

過去3年間の学校給食実施状況の推移です。 完全給食実施率だけをみると、小学校、中学校ともに向上していることがわかります。一方、少子化や耐震化、市町村合併などにより学校の統廃合が起こり、実施学校数は減少 ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-雑記

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.