スポンサーリンク

法規・マニュアル 雑記

1月24日から1月30日までは、全国学校給食週間です

投稿日:

学校給食週間について

我が国における学校給食は、明治22年に始まって以来、各地に広がっていきましたが、戦争の影響などによって中断されました。
戦後、食糧難による児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める国民の声が高まるようになり、昭和21年6月に米国のLARA(Licensed Agencies for Relief in Asia:アジア救済公認団体)から、給食用物資の寄贈を受けて、昭和22年1月から学校給食が再開(「学校給食実施の普及奨励について」昭和21年12月11日文部、厚生、農林三省次官通達)されました。
同年12月24日に、東京都内の小学校でLARAからの給食用物資の贈呈式が行われ、 それ以来、この日を学校給食感謝の日と定めました。

つまりクリスマスイブが学校給食感謝の日となっています。学校給食週間は有名ですが、学校給食感謝の日はクリスマスイブ、給食終了日(終業式)間近、などがかぶっているので存在を知らない人も多いと思います。

昭和25年から、学校給食による教育効果を促進する観点から、冬季休業と重ならない1月24日から1月30日までの1週間を「学校給食週間」としました。 子供たちの食生活を取り巻く環境が大きく変化し、偏った栄養摂取、肥満傾向など、健康状態について懸念される点が多く見られる今日、学校給食は子供たちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしています。学校給食週間においては、このような学校給食の意義や役割について、児童生徒や教職員、保護者や地域住民の理解を深め関心を高めるため、全国で様々な行事が行われます。

文科省サイトより

 

給食週間とカレーの日

この時期、もう一つ有名な事件(?)が起こりました。
1982年(昭和57年)1月22日、全国の小・中学校の給食で、全国学校栄養士協議会による全国統一メニューが実施され、子ども達にもっとも人気の高いカレーライスがその日のメニューに選ばれました。この統一メニューについては賛否あり、給食の管理化、さらには管理教育などの問題にまで議論はエスカレートして、実施したのはあまり多くはなかったようです。

https://housefoods.jp/data/curryhouse/know/column/column09.html より

これは全国学校栄養士協議会の俗にいう自主研修に行かれた方ならご存知だと思いますが、田中名誉会長が全国でカレーをするのよ!と声掛けをしたことが発端です。全国学校栄養士協議会というのは、栄養教諭実現のために日々努力してきた団体です。

文科省による通知文 の原文

全国学校給食週間の実施について

14文科ス第三四九号
平成一四年一二月二〇日
附属学校を置く各国立大学長・国立久里浜養護学校長・各都道府県知事・各都道府県教育委員会教育長あて
文部科学省スポーツ・青少年局長依頼

全国学校給食週間の実施について

 

文部科学省では、毎年、一月二四日から三〇日までの一週間を全国学校給食週間とし、学校給食の意義、役割等について児童生徒や教職員、保護者、地域住民等の理解と関心を高め、学校給食のより一層の充実発展を図ることとしており、全国的に学校給食に関する各種の行事等が実施されているところであります。

ついては、別紙「平成一四年度学校給食週間実施要領」に基づき、平成一五年一月二四日からの一週間を中心として、学校給食に関する理解と関心を高めるための適切な行事等が、各学校等において実施されますようご配慮願います。

さらに、農林水産省においては、別添一のとおり、毎年一月を「食を考える月間」として各種取組を進めることとしています。行事等の開催に当たっては、必要に応じて関係機関と連携しつつ実施するよう御配慮願います。

なお、社団法人全国学校栄養士協議会では、別添二のとおり、文部科学省の後援を受けて学校給食週間行事を実施することとしていますので、よろしくお取り計らい願います。
(別紙)

平成一四年度学校給食週間実施要領

一 名称

全国学校給食週間

二 目標

本週間は、学校給食の意義、役割等について児童生徒や教職員、保護者、地域住民等の理解と関心を高め、学校給食のより一層の充実発展を図ることを目的とする。

三 期間

一月二四日から一月三〇日までの一週間

四 主唱

文部科学省

五 実施方法

(一) 文部科学省、日本体育・学校健康センター

広報等により全国的な啓発活動を行う。

(二) 各都道府県教育委員会、市町村教育委員会、各学校、各団体

それぞれ実情に即した創意による具体的事項を計画の上実施する。

六 教育委員会、各学校等における行事参考例

(一) 教育委員会における行事

ア 学校給食に関するポスター、標語、作文等の募集及び表彰

イ 学校給食調理コンクールの開催

ウ 学校給食についての研究発表会、講演会、シンポジウム、展示会等の開催

エ 新聞、テレビ、ラジオ等報道機関の協力を得た広報活動の実施

(二) 各学校等における行事

ア 学校給食週間中のための特別献立の考案並びにその実施

イ 学校給食にちなんだレクリエーション等の実施

ウ 児童生徒及びその保護者等に対する学校給食、食に関する指導並びに食中毒防止等に関する講演

エ 地域で行われる行事への参画

なお、本年度についても、特に食中毒発生防止の啓発推進が図られるよう各種行事の実施に当たって御配慮願います。

別添一

14総合第三九九二号

平成一四年一一月一九日

知事 殿

農林水産省総合食料局長

「食を考える月間」の実施について

健全な食生活の実現に向けた取組の推進にあたっては、日頃から大変御尽力いただき、厚く御礼申し上げます。

BSE問題や食品の虚偽表示問題等を契機として「食の安全・安心」に関する信頼が大きく揺らいでおり、農林水産省といたしましては、「食」と「農」を再生し、国民の信頼を回復するため、今後の政策展開の設計図として、平成一四年四月、「『食』と『農』の再生プラン」を提案するとともに、その工程表を発表いたしました。この中では、食の安全と安心を確保するため、子供の時から「食」の安全、「食」の選び方や組み合わせ方など「食」について考える習慣を身につけるための「食育」を促進するとともに、広く消費者が食の安全・安心などについて自ら考える国民運動を展開することとしています。

このため、農林水産省では、平成一五年度以降、毎年一月を「食を考える月間」(別添)として制定し各種取組を集中的に実施することとしました。

つきましては、本月間の趣旨を十分御理解の上、貴都道府県におかれましても当該月間において「食」について考えることを促すための広範な取組の実施をお願いするとともに、関係部局、管内市町村、関係団体等に対して当該月間の周知徹底と取組の指導方お願いいたします。

「食を考える月間」実施要綱

第一 目的

食育の推進のためには、食品の栄養特性やその組み合わせ方、食品の安全性、食事と疾病との関係、食料消費構造と食料自給率との関係、地域固有の食材や食文化等を適切に理解することが必要となっている。

このため、国民一人一人の食生活に関する情報処理能力及び自己管理能力を向上させることにより、健康な心と体の発達を促し、豊かな人間性の形成と健全な生活の実現を図るために、食品の生産者から加工・流通業者、消費者に至るまでの食に関わるあらゆる人々の参加の下に、集中的な普及・啓発の取組を行う。

第二 実施期間

毎年一月一日~三一日

第三 実施機関

農林水産省(関係府省の協力を得る。)、都道府県及び市町村

食を考える国民会議、生産・加工・流通・消費関係団体

第四 実施の重点事項

(一) 広報啓発活動の強化

[cir1 ] 政府公報や各省における広報

[cir2 ] テレビ、新聞等各種マスメディアを通じた広報

[cir3 ] シンポジウム、コンクール等行事の集中開催

[cir4 ] 食を考える国民会議会員による普及啓発活動に対する支援

[cir5 ] 農林水産省庁舎における垂れ幕の掲示

(二) 実践活動の強化

[cir1 ] 各地域における取組

・食に関する各種行事の集中開催

・関係機関、関係者(ボランティア)による講習会、研修会、学習会等食育活動の強化

[cir2 ] 生産・流通・加工・消費関係団体・企業

・食の安全・安心の観点に立った事業活動の再点検

・体験や見学等の場の提供の推進

[cir3 ] 消費者関係団体

・食育に関する講習会の開催等各種行事の集中実施

[cir4 ] 学校教育における取組

・全国学校給食週間等の連携した食育の強化

別添二

健康づくりを生かした学校給食

―地場産物を生かして―

学校・家庭・地域との連携を深める運動

実施要項

一 趣旨

地域の産物を生かして、学校・家庭・地域が一体となって作り上げる「健康づくりを生かした学校給食」を実施し、学校を中心とした地域全体の連携を目指して、児童・生徒の将来にわたる健康教育を学校給食週間記念行事として行い、学校給食の一層の理解を深める。

二 主催 社団法人 全国学校栄養士協議会

三 後援 文部科学省

四 事業

事業の実施に当っては、都道府県教育委員会、市町村教育委員会の指導と協力を受けて、学校・家庭・地域社会との連携のもとに行う。

(一) 実施期間 平成一五年一月の学校給食週間中

(二) 事業内容 健康づくりを生かした学校給食

―地場産物を生かして―

学校・家庭・地域との連携を深める運動
 

 

スポンサーリンク

人気記事

1

無料で使えるExcel(エクセル)ベースの日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づいた栄養計算・栄養価計算ソフトです。 日本食品標準成分表2015年版(七訂)が発行され、栄養計算ソフトを購入を検討 ...

2

栄養教諭になるには、2つステップがあります。 1栄養教諭免許を取得する 2教員採用試験に合格する 栄養教諭は教員なので、教員採用試験になります。 1栄養教諭免許を取得する 栄養教諭を目指す方は、いろい ...

3

栄養教諭の日常業務において、放送資料作成は毎月のルーチンワークであり、効率化・合理化が求められます。 今回、放送資料が簡単に作成できたらいいなーと思い、ソフトを開発しました。 過去の放送資料より検索が ...

4

今年度の日程   栄養教諭の免許取得方法 試験対策   関連

5

文部科学省より平成28年2月に発行された小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」のデータ一覧です。 リンク先でワークシート、指導者用資料、画像データのzipファイルなどがダウンロードできるようにな ...

6

文科省より日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年が公開されました。それに伴い栄養計算ソフトも更新しました。しかし、2015年版と微妙に違いますので、アップデートではなく、既存の2015年 ...

7

ワークシートやおたよりを作る際に、対象学年の習熟している漢字を使用することが望まれます。 ワードでは、実は何年生で習う漢字か教えてくれる機能がありますので紹介します。 この機能を使うと、習っていない漢 ...

8

なぜ成長曲線が重要か いままでは肥満度 20%以上だから肥満傾向~といった評価でしたが、平成28年度からは計測時の1点だけではなく、成長曲線等を用いて経過も重視するというようになっています。 例えば同 ...

9

栄養教諭になるためには栄養教諭免状が必要です。 栄養教諭免許制度については以下の文科省のページより http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/04111101 ...

10

栄養教諭になるための情報をまとめました まず栄養教諭の免許を持っていない人は 栄養教諭になるには の項をご覧ください。現在高校生以前、大学生、栄養士と状況に応じた対応がまとめてあります。   ...

11

文科省から小学生用小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」のWORD版が公開されました。 これにより、自分の好きなように加工して使用できるようになりました。画像とかも使えるのはうれしいですね。 今 ...

12

みなさんは食育の掲示資料をどのように作っていますか? おそらくほとんどの人はWordでA4かA3で印刷しておしまい。というパターンだと思います。 忙しい日常ではそれでいいのですが、立体的な教材を作るの ...

13

献立表や給食便りを作成するときに、小学4年生程度で 習熟している漢字を使用することが望ましい場合が多いと思います。 このエクセルファイルを使用すると、何年生で習う漢字かがわかります。 便り等作成にご活 ...

14

学校給食関係のマニュアルや通知はどんどん増えていって、どこになにがあるのかよくわからなくなっています。文科省からでたり、学校保健会からでたり、スポ振からでたり・・・。カテゴリ別に分けてみましたので、ブ ...

15

文部科学省より日本食品標準成分表2015年版(七訂)が発行されています。今回の改訂より、エクセルファイルが公開になりました。この公開された日本食品標準成分表2015年版(七訂)のエクセル版を使って、自 ...

-法規・マニュアル, 雑記

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.