ニュース 栄養管理 法規・マニュアル

キヌアが追加!日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年 が公開されました

更新日:

成分表の追補が公開されました。大きく変わるところはなく、31食品が増えて、計算方法が若干変わったようです。また、調理方法も追加されたようです。キヌアが増えているのが印象的ですね。スーパーフードと呼ばれるものが続々入ってくるのかな?と思います。

追補2017もあわせて、解説した記事もありますので、そちらもご覧ください。

栄養士なら知っておきたい、「成分表2015年版(七訂)追補2017年」のポイント2つ

2015年に公表された日本食品標準成分表2015年版(七訂)ですが、2016年には日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年が発表され、2017年12月に日本食品標準成分表2015年版(七訂 ...

続きを見る

日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年

 収載食品の概要

収載食品については、一部食品名の変更を行った。追補2016年では、新しく31食品(追補2016年全体で45食品を収載している)が増加した。なお、この増加により、収載食品数は、成分表2015年版(七訂)の収載食品と合わせ、食品成分表全体として2,222食品となっている。
食品の選定、調理に当たっては、次のことを考慮している。

① 原材料的食品:生物の品種、生産条件等の各種の要因により、成分値に変動があることが知られているため、これらの変動要因に留意し選定した。
「生」など未調理食品のほか「炊き」及び「焼き」の基本的な調理食品を収載した。(調理食品の詳細は、表12 重量変化率表及び表13 調理方法の概要表に記載)。

② 加工食品:原材料の配合割合、加工方法により成分値に幅がみられるので、生産、消費の動向を考慮し、可能な限り標準的な食品を選定した。

収載食品

01168 こめ[水稲めし]精白米
01116 こめ
01169 こめ[うるち米製品]ライスペーパー
03015 (でん粉糖類)
04095 だいず[豆腐・油揚げ類]油揚げ
05004 えごま
06363 うるい
06364 かんぴょう
06095 しそ
06365 (しょうが類)しょうが
06366 (しょうが類)しょうが
06367 (だいこん類)だいこん
06368 (だいこん類)だいこん
06369 (だいこん類)だいこん
06370 (トマト類)ドライトマト
06371 れんこん
07042 (かんきつ類)オレンジ
07156 (かんきつ類)レモン
07097 パインアップル
07177 パインアップル
07178 ぶどう
07179 マンゴー
07176 りんご
07180 りんご
08053 しいたけ
08034 まつたけ
10421 <魚類>とびうお
10422 <魚類>とびうお
10423 <水産練り製品>黒はんぺん
11198 <畜肉類>ぶた[その他]ゼラチン
15142 <デザート菓子類>こんにゃくゼリー
16059 <アルコール飲料類>(混成酒類)缶チューハイ
17130 <調味料類>(だし類)あごだし
17019 <調味料類>(だし類)かつおだし
17131 <調味料類>(だし類)かつおだし
17132 <調味料類>(だし類)昆布だし
17133 <調味料類>(調味ソース類)魚醤油
17134 <調味料類>(調味ソース類)魚醤油
17135 <調味料類>(調味ソース類)魚醤油
17136 <調味料類>(その他)キムチの素
17054 <調味料類>(その他)
17082 <その他>酵母
18023 松前漬け

ダウンロード先




スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース, 栄養管理, 法規・マニュアル

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.