ニュース

愛媛県宇和島市 給食費無料化へ

更新日:

愛媛県宇和島市は平成29年度より市立小・中学校で給食費が無料になるそうです。

ざっと計算して4900(人) × 270(円 1食単価) × 200(回 給食回数) = ざっと2億円ちょいですね。

毎年コンスタントに2億円ずつ使う事業を継続する見通しがついたのでしょうが、議員や市長の公約で票が稼ぎやすい事業ばかりが推進されている気がします。

NHK NEWS WEBより

宇和島市は、小中学生の保護者の経済的な負担の軽減を図るため、平成29年度から市立の小学校と中学校の給食費を無料にすることにしました。
県内の市や町で給食費を無料にするのは初めてです。
宇和島市は、小中学生の保護者の経済的な負担の軽減を図るため、今年度から小中学校の給食費について、給食1食あたり100円の助成を行っていて、現在は、給食費として保護者の家庭から給食1食あたり230円から280円を徴収しています。
これについて宇和島市は、さらに保護者の負担軽減を進めるため、新年度から給食1食あたりの助成を全額として、給食費を無料にすることにしました。
新年度に宇和島市立の小中学校に通学する児童生徒の数は、合わせておよそ4900人の見込みで、宇和島市は、新年度の当初予算案に、市立小中学校の給食費の無料化に必要な費用として、1億8100万円を盛り込んでいます。
給食費を無料にするのは、県内の市や町では初めてです。
宇和島市は、小中学校の給食費を無料にすることによって、子育て支援の推進などにつなげていきたいとしています。

http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20170224/4173611.html

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.