nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

ニュース 衛生管理

食中毒原因は刻みのり? ノロウイルス検出 東京・立川 和歌山・御坊の給食も使用

投稿日:

まさかのすべての集団食中毒がつながりましたね。

大阪市報道発表資料 食品の自主回収について

問合せ先:健康局 健康推進部 生活衛生課(06-6208-9991)

平成29年2月28日 18時45分発表

 平成29年2月27日、東京都から「立川市学校給食共同調理場が調理・提供した給食を原因とする食中毒に関する調査の結果、平成29年2月16日の給食に使用した「キザミのり」について、仕入れ先に保管されていた同じ賞味期限の未開封製品から、ノロウイルスを検出し、当該「キザミのり」及び患者のふん便並びに吐物から検出したノロウイルスの遺伝子配列の検査を実施している。当該「キザミのり」の製造施設が大阪市内に所在するため、施設の調査をお願いしたい。」との依頼がありました。
この依頼を受け、大阪市保健所が当該「キザミのり」を販売した株式会社東海屋(大阪市都島区中野町2-5-2)の調査を行い、現時点で東京都の検査結果において、検出されたノロウイルスの遺伝子配列が一致したとの連絡を東京都から受けており、東京都において食中毒の原因食品と断定されていないものの、その可能性が示唆される結果が得られていることから、危害拡大防止の観点から、当該「キザミのり」の回収を指導し、本日、株式会社東海屋から、次のとおり、当該「キザミのり」の自主回収に着手した旨の報告書が提出されましたので、お知らせします。
なお、当該「キザミのり」を加工した「いそ小判海苔本舗(※)」(大阪市北区天満4-2-9)については、現在、施設の検査及び当該「キザミのり」以外の製品の出荷状況等を調査しており、ノロウイルス汚染が疑われる製品の出荷先が確認され次第、製品の回収指導を行うとともに、当該自治体に情報提供するなど、感染拡大を防止するための措置を早急に講じてまいります。

1 回収対象品

  名称:焼のり

品名:キザミのり 2ミリ 青

製造者(表示上):㈱東海屋 大阪市都島区中野町2-5-2

包装形態:100g 合成樹脂製袋詰(10袋 ダンボール箱入)

賞味期限:17.12.01

回収を開始した年月日:平成29年2月28日

※表示上製造者は株式会社東海屋と記載されていますが、東京都の給食で使用された「キザミのり」は、株式会社東海屋では製造・加工を行っておらず、実際の加工(裁断、袋詰め)は株式会社東海屋から「いそ小判海苔本舗」に委託されております。

http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kenko/0000392562.html

 

立川市立小学校における給食による食中毒(第2報)
食材の検査結果が判明しました

平成29年2月24日(金曜)に発表しました、立川市学校給食共同調理場が調理・提供した給食を原因とする食中毒に関連し、下記のとおり、検査結果等が判明しましたので、お知らせいたします。
(別添:2月24日(金曜)、第1報

1 検査結果(2月27日(月曜)現在)

2月16日(木曜)の給食の親子丼に「キザミのり」が使用されており、仕入れ先に保管されていた同じ賞味期限の未開封製品15検体のうち、4検体からノロウイルスを検出しました(検査機関:東京都健康安全研究センター)。

2 ノロウイルスの遺伝子検査結果

当該「キザミのり」及び患者7名のふん便並びに1名の吐物から検出したノロウイルスの遺伝子配列検査を実施したところ、一致しました。

3 当該品への対応について

都は、当該品の製造者を管轄する大阪市に対し、検査結果を通報するとともに、流通状況の調査を依頼しました。
大阪市は、当該製造者に回収を指導し、製造者が自主回収しています。

【当該品の表示内容】

名称 焼のり
品名 キザミのり 2ミリ 青
原材料名 乾海苔(国産)
内容量 100グラム
賞味期限 17.12.01
製造者 (株)東海屋
大阪市都島区中野町2-5-2

4 自主回収対象品

平成28年12月10日から平成29年2月27日までに販売された当該製品

写真 写真
写真

 

 

産経WEST

東京都立川市の小学校7校で給食を食べた児童ら千人超が症状を訴えた集団食中毒で、都は28日、給食の親子丼に使われた刻みのりからノロウイルスが検出され「原因食材と考えられる」と発表した。刻みのりは大阪市北区の業者が加工し、同市都島区のメーカー「東海屋」が出荷。東海屋は大阪市の指導を受け製品の自主回収を始めた。

都や和歌山県などによると、同時期に納品されたのりは、和歌山県御坊市で800人超が発症した給食による集団食中毒で使用。東京都小平市でも2月23日から28日にかけて小学校2校の児童計約100人が嘔吐や下痢の症状を訴え、給食に東海屋ののりが使われたメニューがあった。

刻みのりは昨年12月に東海屋に納品。大阪市によると、賞味期限が同じ製品は学校給食用や業務用として280袋が都や埼玉、和歌山、大阪、滋賀、兵庫、大分の7都府県の卸業者に出荷された。販売時期が重なる製品も含め、回収対象は計約490袋に上る。

立川市の7校は親子丼を2月16日の給食で提供。その後の検査で、仕入れ先に保管されていた未開封ののりからノロウイルスが検出され、児童の便などから検出されたウイルスと一致した。

和歌山県の卸業者は御坊市に学校給食用として納入。御坊市では1月に発生した集団食中毒で、のりを使った磯あえからノロウイルスが検出されたが、市の担当者は「原因食材は特定できていない」としている。

 

 

http://www.sankei.com/west/news/170228/wst1702280080-n1.html

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース, 衛生管理

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.