スポンサーリンク

給食時指導

小学校第3学年 給食時間の指導案 食べ物のいのちについて考えよう

更新日:

小学校第3学年 給食時間の指導案

1 題材名 食べ物のいのちについて考えよう

2 題材に対する実態

食べ物を容易に手にすることができる現代では、児童が感謝しながら食事をすることや、準備や後片付けの仕方など心を込めて行っている姿を目にすることは少ない。私たちが生きるためには生き物の命を犠牲にしていることを知らせ、その重要性について深く考えさせたいことから、この題材を設定した。

3 本時の目標

すべての食べ物にいのちがあることに気付き、感謝して食べようとする態度を育てる。

4 食育の視点

④感謝の心(自然の恩恵を受け、動植物の命をもらって生きていることを理解する)

5 他教科等との関連

理科「植物の育ち方」 総合的な学習の時間「育てよう味わおう」

道徳「自然や動植物を大切に」(3-(2))

6 本時の展開(指導時間は、5分以内とする。)

過程 学習活動及び学習内容 指導上の留意点 ※資料の準備
食前 ○ 今日の給食には自分たちが育てた野菜が使われていることを知り、育てる活動を想起する。 ○ 今日の献立には自分たちで育てた野菜が使われていることを知らせ、栽培活動について思い出させる。

※野菜が生長するまでの写真

食事中 ○ 野菜を確認しながらしっかり食べる。 ○ 野菜の色や味など味わいながら食べるように促す。
食後 ○ 野菜は、私たちと同じようにいのちを持っていることを知り、感謝して食べようとする

意欲を高める。

○ 自分の食事の姿を振り返り、「いただきます」や「ごちそうさま」の言葉の意味を考えたあいさつや、食物を大事に食べる食事の在り方について考えさせる。

7 評価

食べ物のいのちについて考え、感謝して食べようとすることができたか。(挙手、児童観察)

8 指導のつながり

理科「植物の育ち方」で命には連続性があり、引き継がれること(知識・理解)を学び、この時間につながりを持つ。さらに、栽培や簡単な調理等の体験活動を通して、自分の思いを膨らませるように指導していく。

Wordファイル

小3 食べ物のいのちについて考えよう

 参照

野菜やいものひみつ 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」 中学年 フリー画像 教材・ワークシート(ワードファイル)等

小学校3年生の理科で使えそうな教材です。     野菜やいものひみつ(根・くき・葉・花・実)(Word:2,402KB) http://www.mext.go.jp/compone ...

続きを見る

スポンサーリンク

-給食時指導
-

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.