給食時指導

小学校第3学年 給食時間の指導案 地元の野菜について知ろう

更新日:

小学校第3学年 給食時間の指導案

1 題材名 地元の野菜について知ろう

2 題材に対する実態

児童は、自分が住んでいる地域で生産されている食材のことや、生産・流通に携わっている人々がいることについてあまり意識をしていない。地域でとれる食材について学ぶことで、郷土理解につなげたいと考え、この題材を設定した。

3 本時の目標

地域でとれる野菜を知り、地元のよさを理解することができる。

4 食育の視点

⑥食文化(地域の農林水産物を理解する)

5 他教科等との関連

社会科「ほうれん草をつくる仕事」 学級活動「給食の食材はどこから」

6 本時の展開(指導時間は、5分以内とする。)

過程 学習活動及び学習内容 指導上の留意点 ※資料の準備
食前 ○ 今日の給食に使用されている野菜の生産者のメッセージを聞く。 ○ 給食に使われている野菜について、生産者の方から仕事のやりがいや苦労、なぜこの地域で野菜が作られているのなどを伝える。(気候・風土・歴史的な背景など含める)

※ほうれん草の生産者の写真やプロフィールが書かれた資料

食事中 ○ 食材を確認しながら食べる。 ○ 食材を意識しながら食べるように促す。
食後 ○ ほうれん草を食べた感想を発表する。 ○ 生産者の思いを知り、自分の感想を発表するようにうながす。

7 評価

地域でとれる野菜を知り、地元のよさを理解することができたか。(児童の様子、発言)

8 指導のつながり

社会科「ほうれん草をつくる仕事」でも、ほうれん草がどのように生産・流通されているのか学習する。また、後日の給食時間に、地元で生産されている他の野菜や加工食品など取り上げながら地域理解へつなげていく。

※本指導案では、ほうれん草を題材としているが、地域の特性に応じて変更する。

Wordファイル

小3 地元の野菜について知ろう

参照

野菜やいものひみつ 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」 中学年 フリー画像 教材・ワークシート(ワードファイル)等

小学校3年生の理科で使えそうな教材です。     野菜やいものひみつ(根・くき・葉・花・実)(Word:2,402KB) http://www.mext.go.jp/compone ...

続きを見る

スポンサーリンク

-給食時指導
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.