給食時指導

小学校第5学年 給食時間の指導案 ごはんとみそ汁のよさを知ろう

更新日:

小学校第5学年 給食時間の指導案

1 題材名 ごはんとみそ汁のよさを知ろう

2 題材に対する実態

我が国の伝統食である和食は、栄養のバランスがとれやすい。家庭科で、ごはんとみそ汁の作り方の学習から昔から食べられてきたごはんとみそ汁のよさを知ることで、食文化に対する興味・関心を持たせたいと考え、本題材を設定した。

3 本時の目標

昔から食べられているご飯とみそ汁のよさを知り進んで食べようとする意欲を持たせる。

4 食育の視点

⑥食文化(特産物を理解し、日常の食事と関連付けて考えることができる。)

5 他教科等との関連

社会科「稲作にはげむ人々」「自然を生かした農業」「これからの食料生産」

家庭科「元気な毎日と食べ物」 総合的な学習の時間「バケツ稲を育てよう」

6 本時の展開(指導時間は、5 分以内とする。)

過程 学習活動及び学習内容 指導上の留意点 ※資料の準備
食前 ○ ごはんとみそ汁の調理実習を振り返る。 ○ 家庭科で実習したごはんとみそ汁について想起させる。
食事中 ○ 給食のみそ汁を味わいながら食べる。 ○ 今日のみそ汁と実習で作ったみそ汁を比べながら食べるように促す。
食後 ○ ごはんとみそ汁の組み合わせのよさを知る。 ○ ごはんは、日本の風土に合いたくさん作られているので手に入りやすいことや、保存がきくこと。みそ汁のみそは、大豆から作られる保存性の高い調味料であること。そして、米と大豆を組み合わせることで、お互い不足する栄養を補い合いながら栄養バランスがとれること。

7 評価

ごはんとみそ汁のよさを知り、進んで食べようとする意欲がもつことができたか。(挙手・発表)

8 指導のつながり

家庭科の学習と関連させ、家庭でも興味・関心をもって食べることや調理しようとする意欲を持たせることや、食育便り等で、ごはんとみそ汁のよさについて啓発する。

Wordファイル

小5 ごはんとみそ汁のよさを知ろう

 参照

朝ごはんを作ってみよう 小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」 高学年 フリー画像 教材・ワークシート(ワードファイル)等

小学校6年生の家庭科で使えそうな教材です。     朝ごはんを作ってみよう(Word:1,085KB) http://www.mext.go.jp/component/a_menu ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-給食時指導
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.