給食時指導

中学校第2学年 給食時間の学習指導案 地域の食文化を知ろう

更新日:

中学校第2学年 給食時間の学習指導案

1 題材名 地域の食文化を知ろう

2 題材に対する実態

生徒は、社会科の学習で、地理や歴史を学習している。各家庭で郷土料理を食べることが少なくなっていることなどを考慮し、学習したことと地域の食文化を関連させることで、より郷土に対する理解が深まり、郷土を愛する心を育むと考え、この題材を設定した。

3 本時の目標

学習した地域の食文化について知り、自分の地域の料理と比較し理解を深める。

4 食育の視点

⑥食文化(食文化や歴史と自分の食生活との関連を考えることができる)

5 他教科等との関連

社会科「古代までの日本」「近世の日本」 総合的な学習「様々な職業を知ろう」

道徳「ふるさとの発展のために」4-(8)

6 本時の展開(指導時間は5 分以内とする。)

過程 学習活動及び学習内容 指導上の留意点 ※資料の準備
食前 ○ 本日の給食の地域の食材について考える。

○ 学校行事で訪問する地域の特産物について知る。

○ 給食の材料で地域の食材を知らせる。

○ 学校行事で訪問する地域の特産物について既習事項と関連させて考えさせる。

○ 地域の料理ができるには、地理的特質や風土、先人の知恵など様々な要素があることを知らせる。

食事中 ○ 食材を意識しながらしっかり食べる。 ○ 給食の食材を意識しながら食べるように促す。
食後 ○ 学校行事で訪問する地域の食文化について知る。 ○ 地域の食事を知ることで、自分の地域の食文化との違いを知り、食文化について興味が持てるように意欲付けを行う。

7 評価

学校行事で訪問する地域の特産物や郷土料理について、関心を持つことができたか。(生徒の様子)

8 指導のつながり

給食時間や学校行事、地域の学習などと関連させながら地域の食文化について理解を深める。

Wordファイル

中2 地域の食文化を知ろう

スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-給食時指導
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.