アレルギー 雑記

小麦アレルギー出ない…「ソルガム」普及へ連携

投稿日:

 

米粉パン等にもグルテンを使用しているため、小麦アレルギーの児童生徒が食べられないことが多いと思います。このソルガムが普及すると小麦アレルギーの児童生徒の選択肢が広がりそうです。

読売オンライン

小麦の代用品として注目されるイネ科の穀物「ソルガム」の普及促進に向けて、信州大学工学部(長野市)が、長野県や長野市、地元企業と連携して「信州ソルガム高度活用研究プロジェクト」を創設した。

ソルガムは小麦アレルギーの原因物質の一つ「グルテン」を含まないことで知られる。プロジェクトでは、産学官の連携を生かし、アレルギーに悩む人向けのパンやケーキ、麺類などを想定して、新たな食品の開発や商品化を支援していく。

ソルガムはトウモロコシに似たアフリカ原産の作物で、品種によりモチキビ、タカキビなどとも呼ばれる。栽培がしやすく、食用のほか、飼料やバイオマス発電の原料としても活用できる。長野県内では長野市の西山地区などで栽培されてきた。

信州大では、2008年頃からソルガムの食品としての可能性に注目して研究を始め、試験栽培や試食会などを行ってきた。昨年11月には、ソルガムを混ぜたご飯や、ソルガムの粉をまぶした信州サーモンのフライを、長野市内の小中学校の給食で試験提供した。

食品として高く期待できるソルガムだが、品種によっては独特の苦みがあるなど、味にはまだ課題が残るという。プロジェクトでは、味の改善に向けた加工技術の研究にも取り組む。また、今年度中には栽培講習会や収穫体験ツアーなども計画している。

信州大工学部の産学官連携コーディネーター長を務める、白川達男・特任顧問は「ソルガムの課題を改善し、新たな食材として普及させて、日本で販売するだけでなく、海外にも輸出できるようになれば」と話している。

 

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170424-OYT1T50083.html

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-アレルギー, 雑記

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.