スポンサーリンク

ニュース

「甘くておいしい!」 特産ウニが給食に 北海道広尾町

更新日:

給食でウニはうらやましいですね。

ヤフーニュース

広尾町の海岸で取れたエゾバフンウニが4月28日、町内の幼稚園と小中学校、高校の「ふるさと給食」に初めて登場した。子どもたちはウニの甘みがクリームソースに溶け込んだぜいたくな「ウニクリームスパゲティ」に舌鼓を打った。

年4回、地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」は、町教委が地元食材を子どもたちに味わってもらおうと実施している。今回は、広尾漁協ウニ部会(笠置克実部会長)が無償で提供した約700個分のウニのむき身を、クリームソースに混ぜ込んだパスタとして振る舞った。

広尾小学校(鎌田一寿校長、児童254人)の2年1組では、麺の上のソースの中にチラホラと見えるウニのむき身を麺にからめてほお張ると、口いっぱいに広がる甘みに驚いていた。

クラスの半数が「おかわり」するほど好評だった。取れたばかりの状態の同ウニも鑑賞用に回覧され、児童は「痛そうだけどおいしそう」などと興味津々だった。 笠置部会長は「子どもには人気のない食材だと思っていたが、食べてくれて安心した。機会があればまた提供したい」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00010001-kachimai-hok

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.