ニュース

給食みそ汁に乾燥剤か 個別容器で配送 1人体調不良 佐賀の中学校

更新日:

校内での混入の可能性が高いようです。

西日本新聞

佐賀市昭栄町の昭栄中で6日の給食時、みそ汁に乾燥剤のシリカゲルとみられる粒が混入していたことが22日、分かった。3年の女子生徒(14)が食べて異常を担任教諭に報告した。生徒は吐き気を訴え、体調不良で通院を続けているという。原因は不明で、佐賀市教育委員会が調べている。

市教委学事課によると、女子生徒が食べたみそ汁の容器に約2ミリの粒約20個が沈殿していた。粒からシリカゲルと同じ成分のケイ素を検出した。みそ汁は市教委の中部学校給食センターで他校分を含めて約2千食を一括調理し、1人分ずつふた付きの容器に入れて各校に配送したという。

昭栄中の給食は希望者に配食しており、当日は全校生徒546人のうち266人が給食を食べた。他のみそ汁から粒は見つからず、体調不良を訴える生徒もいなかった。このため、市教委は「校内で混入した可能性が高い」とみている。同中が全校生徒に聞き取りやアンケートをしたが、原因は分かっていない。

同中は22日、臨時の全校集会を開き、混入について生徒に説明した。堤賢二校長は「生徒が体調不良を訴えたことを申し訳なく思う。生徒のケアを最優先に再発防止に努めたい」と話している。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/337536/

佐賀新聞

佐賀市の昭栄中学校で、女子生徒が食べた給食のみそ汁に乾燥剤の「シリカゲル」が混入していた問題で、同校は22日、全校集会を開き、原因を特定できていない現状を説明した。 生徒約540人が参加し、堤賢二校長が「学校と給食センターの両方を調べているが、混入経路は分かっていない」と説明した。その上で「不安をあおるような、軽はずみな悪ふざけをしないようにしてほしい」と注意を促した。

同校によると、女子生徒は現在も体調が優れず、食欲が落ちる影響が出ているという。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/440202

 

スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.