ニュース

栄養士が知っておきたい災害時の段ボールオーブンでペットボトルピザ 

投稿日:

災害時にパッククッキングとしてポリ袋で調理は有名になりましたが、段ボールでオーブン、ピザもできるようです。ライフラインもある程度復旧した段階では嗜好性も求められてきますので、この段ボールオーブンでペットボトルピザは存在を知っておくだけで、非常時にあんなのがあったなあという風に思い出せると思います。

ペットボトルピザはボランティア団体「ネイチャーキッズ寺子屋」(島根県益田市)が考案し、特許を取得しているようです。ボトルに材料を入れて温めると、発酵したガスでパンパンになり、生地が飛び出すので注意が必要です。あとペットボトルを燃えないゴミで出すときは内部を洗浄する必要があります。

西日本新聞

 ◆段ボールオーブン

【材料】2リットル入りペットボトル6本入りの段ボール箱2個(30センチ×30センチ×20センチ程度)/アルミホイル/水のり/はさみやカッター/粘着テープ/30センチ×50センチ程度の焼き網/段ボール箱に入る焼き網/ステンレス製のトレー/トレーを載せる台/金属製のクリップ/炭

図のように組み立てる。Cは裏を粘着テープで留める。5センチほどの炭5~6個で200度ほどになる。

 ◆ペットボトルピザ

【材料】打ち粉用の小麦粉/油10グラム(オリーブ油、バター、サラダ油など)/強力粉100グラム/ドライイースト3グラム/砂糖6グラム(夏は3グラム)/塩3グラム/水65ミリリットル/好きな具材

丈夫な炭酸飲料用500ミリリットル入りボトルを使う。(3)は生地をまとめるため。数分で完了。(4)は底に付いた生地もまとめるため。1分もかからない。発酵は約40度で40~50分。お湯に漬けたり、ズボンと体の間に挟んだり。ボトルがパンパンになるまで。(4)のように回し、生地が発酵前の大きさになるまで空気を抜く。

クッキングシートに小麦粉を広げる。その上でふたを外すと、勢いよく生地が出る。ボトルが底の方向に飛ぶ恐れがあるため、胴部分ではなく底をしっかり握る。具材を載せオーブンで10分ほど焼く。生地の裏がきつね色になったら出来上がり。

https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/229458/

スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.