栄養管理 雑記

学校保健統計

更新日:

EER等を策定するにあたり、学校保健統計の値を参考にすると国との比較がしやすいです。

 

学校保健統計調査-調査の概要
調査の目的

学校における幼児,児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにすることを目的とする。
調査の沿革

調査開始年

昭和23年(1948年)
調査の根拠法令

統計法
調査の対象

幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び中等教育学校のうち,文部科学大臣があらかじめ指定する学校に在籍する満5歳から17歳(4月1日現在)までの幼児,児童及び生徒
抽出方法

標本抽出の方法は,発育状態調査が層化二段無作為抽出法,健康状態調査が層化集落抽出法である。
標本抽出は,次の(1)から(3)の方法で行う。
(1)各都道府県の児童生徒数及び学校数に応じ調査実施校数を学校種別に決定する。
(2)次の1から3の方法で調査実施校を決定する。
1.都道府県別,学校種別に,児童・生徒数に応じ,学校を層化する。
2.当該都道府県の調査実施校数を層数で割り,1層当たりの割当学校数を求める。
3.各層内で,調査実施校を単純無作為抽出する。
(3)発育状態調査については,年齢別,男女別に系統抽出法により対象児童等を抽出する。
健康状態調査については,調査実施校の在学者全員を対象とする。
調査事項

児童等の発育状態(身長,体重及び座高)
児童等の健康状態(栄養状態,脊柱・胸郭の疾病・異常の有無,視力,聴力,眼の疾病・異常の有無,耳鼻咽頭疾患・皮膚疾患の有無,歯・口腔の疾病・異常の有無,結核の有無,心臓の疾病・異常の有無,尿,寄生虫卵の有無,その他の疾病・異常の有無及び結核に関する検診の結果)

調査の時期

調査周期

毎年

調査期日

学校保健安全法による健康診断の結果に基づき,次のとおり実施。
(1) 児童等の発育状態に関する事項  4月~6月
(2) 児童等の健康状態に関する事項  4月~6月
調査の方法

調査系統

文部科学省-都道府県知事-調査対象校

調査票の配布収集方法

都道府県知事をとおし調査対象校に調査票を送付し、記入された調査票を回収。インターネットを利用したオンライン調査でも実施。
各年度の結果は以下から

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/kekka/1268813.htm

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-栄養管理, 雑記

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.