ニュース

島根県の学校給食の委託炊飯(ごはん)に7センチ(!)の金属棒混入

投稿日:

平成29年12月13日に提供の学校給食のご飯の中に金属棒が混入していたようです。金属片ではなく、7センチの棒だそうです。

原因物質(異物)はなに?

ごはんをほぐす機械の鉄棒だと思われます。

異物混入の責任はどこにある?

ごはんは調理場で作ったものではなく、炊飯業務を委託されている業者(炊飯センター)から直接配送されたものだそうです。

業務を委託されている島根中央炊飯センターの責任はもちろんですが、市教委も監督責任を問われると思われます。

出雲市の学校給食はご飯を炊かない方針

出雲市では老朽化した給食センターを統合して、新しい給食センターを建設しようとしています。

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1313038106340/index.html

 

(新)平田学校給食センター建設事業

建築概要

1.建設場所
出雲市西郷町412番地1
敷地面積:12,906平方メートル
2.建物構造
鉄骨造一部2階建て
3.建物面積
1階(調理場、事務所部分):1,734平方メートル
2階(従事者休憩室、食堂等):524平方メートル
合計:2,258平方メートル
4.調理能力
5,000食/日(副食調理のみ、炊飯設備なし

ですので、今後とも委託炊飯の依存度は低くなることはないと思われます。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000013-mai-soci

スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.