衛生管理 雑記

平昌五輪の集団給食でノロウイルス 感染者が200人に達する勢い

投稿日:

学校給食とは関係がありませんが、現在開催中の平昌オリンピックの選手村でノロウイルスが猛威を振るっているようです。

現在のところはオリンピック出場者ではなく、警備員の宿泊施設で感染がみられているようです。
感染経路は調理室の蛇口が地下水とつながっており、その地下水から大腸菌が検出されたことから、地下水が糞便や嘔吐物などに汚染されている可能性が高いとみられています。

地下水からはノロウイルスが検出されませんでしたが、糞便等による汚染は確認できたため、原因は地下水であろうという結論がでたようです。

韓国の水道事情

(財)水道技術研究センターのデータによると、平成17年末現在では水道普及率は91.3%。

しかも給水栓の水質に対する市民の評価は高いとはいえないという評価です。

つまり課題が多くあることがうかがえます。

http://www.jwrc-net.or.jp/hotnews/pdf/HotNews199.pdf

水道水が飲めるのはアジアでは日本とアラブ首長国連邦だけ

そもそも水道水が飲めるのは世界で15か国と言われています。

ちなみにオセアニアではオーストラリアとニュージーランドのみ。

アフリカでは、南アフリカとレソト、モザンビークの3カ国の水が安全だそうです。

ということは韓国の水は南アフリカよりも悪いということがわかります。

海外では「水を沸かして飲む」ことを推奨される

飲用不適ということは今回のオリンピックの事例でもあるように、糞便に汚染されている可能性があるということです。

しかし汚染された水を使って野菜を洗浄したり、食器を洗っていたりしたのではいくら沸かした水に気を付けていても意味がありません。

汚染された水で洗ったコップにきれいな水を注いでもコップが汚染されている可能性がありますね。

安全な水道水に感謝するといういい教材になりそうな気もします。

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

統計 2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

食物アレルギー栄養指導の手引き2017 3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-衛生管理, 雑記

Copyright© nutr.net  , 2018 AllRights Reserved.