スポンサーリンク

栄養管理

学校給食における推定エネルギー必要量(EER)計算の基礎 ~個人編~

更新日:

栄養士の基礎中の基礎ですので、日本人の食事摂取基準2015年版で確認しましょう。

推定エネルギー必要量= 基礎代謝基準値×標準体重(参照体重)×PAL +エネルギー蓄積値

という計算式で求めることができます。

・推定エネルギー必要量 ・・・エネルギー必要量の推定値

・基礎代謝基準値 ・・・1日あたり、体重1kgあたりの基礎代謝測定値の代表値(国内の13の研究における例による)

1

 

・標準体重 ・・・その身長における標準的な体重。

児童生徒の健康診断マニュアル(改訂版)学校保健会による。以下計算式。

2

身長別標準体重(kg) = a × 実測身長(cm) – b

 

 

 

・PAL ・・・(集団の)身体活動レベル

3

・エネルギー蓄積量 ・・・成長に伴う組織増加分のエネルギー

4

以上の表や計算式により集団の推定エネルギー量を求めることができます。
具体的には年齢・性別・性別がわかると推定エネルギー量が計算できるということになります。

例)10歳男子 身長138.3cm

推定エネルギー必要量=

基礎代謝基準値×標準体重(参照体重)×PAL +エネルギー蓄積値

= 37.4×(0.752×138.3-70.461)×1.70+35

= 2168(kcal)

 

すなわち給食1食分のエネルギーは1日の三分の一なので、2168÷3=722.5≒720

ということがわかります。





 

スポンサーリンク

-栄養管理

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.