nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

書籍紹介 法規・マニュアル

食育実践のための小学校学習指導要領解説の読み方 生活編

投稿日:

意図的計画的な食育を推進する上では学習指導要領を読み込むことが必須です。
様々な教科を関連付けて全体計画を作成し、全教職員で発達段階に応じた食育をしなければ、ただのイベントでおわってしまいます。

 

食育を推進する上での学習指導要領解説の読み方を説明していきます。
冊子を持っていない方は以下のリンクより文科省のHPからPDFファイルがダウンロードできます。

生活  (PDF:971KB) PDF

 

 

1冊100円程度ですので、購入しておいた方がいいです。各種研修会でも多用されます。


食に関する指導の手引にも詳しくあります。

冊子を持っていない方は以下のリンクより文科省のHPからPDFファイルがダウンロードできます。
第3章 各教科等における食に関する指導の展開  (PDF:733KB) PDF

P83~を参考にしてください。

 


 

以下学習指導要領の生活編の重要な部位です。


 

P10

1 教科目標の構成
生活科の特質や目指すところを端的に示したのが教科目標である。生活科の教科目
標は次の通りである。
具体的な活動や体験を通して,自分と身近な人々,社会及び自然とのかかわ
りに関心をもち,自分自身や自分の生活について考えさせるとともに,その過
程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ,自立への基礎を養う。
この教科目標は,次の五つの要素によって構成されている。
(1) 具体的な活動や体験を通して
(2) 自分と身近な人々,社会及び自然とのかかわりに関心をもち
(3) 自分自身や自分の生活について考えさせるとともに
(4) 生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ
(5) 自立への基礎を養う

 


 

P14

(4)生活上必要な習慣や技能を身に付けること
生活科は,児童が身近な人々,社会及び自然と直接かかわり合う中で,それに必要な習
慣や技能を身に付けることを目指している。教科目標に「その過程において……身に付け
させ」とあるのは,児童が身近な人々,社会及び自然と直接かかわり合う中にその機会が
あるので,それをとらえて指導するということである。
ここでの生活上必要な習慣には,健康や安全にかかわること,みんなで生活するための
きまりにかかわること,言葉遣いや身体の振る舞いにかかわることなどがある。例えば,
次のようなことが考えられる。
・生活のリズムを整える
・病気の予防に努める
・安全への意識を高める
・道具や用具の準備,片付け,整理整頓ができる
・遊びのルールを守る
・施設や公共の場所のルールやマナーを守る
・時間を守る
・適切なあいさつや言葉遣いができる
・訪問や連絡,依頼の仕方を知るなど
また,生活上必要な技能には,手や体を使うこと,様々な道具を使うことなどがある。

 


P18

ア自分の思いや願いをもって接することができる
イ相手や場所の様子や状況を考えて接したり扱ったりすることができる
ウ人や場所,ものなどに親しみ,大切にすることができる
エ健康や安全に気を付けたり,きまりなど日常生活に必要なことを大切にしたりして
行動することができる
オ自分のよさや友達のよさを認め合って行動することができる

 


P22

ア  健康で安全な生活 健康や安全に気を付けて,友達と遊んだり,学校に通ったり,規則正しく生活したりすることができるようにする。
イ  身近な人々との接し方 家族や友達や先生をはじめ,地域の様々な人々と適切に接することができるようにする。
ウ  地域への愛着 地域の人々や場所に親しみや愛着をもつことができるようにする。
エ  公共の意識とマナー みんなで使う物や場所,施設を大切に正しく利用できるようにする。
オ  生産と消費 身近にある物を利用して作ったり,繰り返し大切に使ったりすることができるようにする。
カ  情報と交流 様々な手段を適切に使って直接的間接的に情報を伝え合いながら,身近な人々とかかわったり交流したりすることができるようにする。
キ  身近な自然との触れ合い 身近な自然を観察したり,生き物を飼ったり,育てたりするなどして,自然との触れ合いを深め,生命を大切にすることができるようにする。
ク  時間と季節 一日の生活時間や季節の移り変わりを生かして,生活を工夫したり楽しくしたりすることができるようにする。
ケ  遊びの工夫 遊びに使う物を作ったり遊び方を工夫したりしながら,楽しく過ごすことができるようにする。
コ  成長への喜び 自分でできるようになったことや生活での自分の役割が増えたことなどを喜び,自分の成長を支えてくれた人々に感謝の気持ちをもつことができるようにする。
サ  基本的な生活習慣や生活技能 日常生活に必要な習慣や技能を身に付けることができるようにする。

P40
(7) 動物を飼ったり植物を育てたりして,それらの育つ場所,変化や成長の様子
に関心をもち,また,それらは生命をもっていることや成長していることに気
付き,生き物への親しみをもち,大切にすることができるようにする。

P42

活動の前後には,必ず手洗いをする習慣をつけ,感染症などの病気の予防に努める
ことも大切である。児童のアレルギーなどについても,事前に保護者に尋ねるなどし
て十分な対応を考えておく必要がある。




スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-書籍紹介, 法規・マニュアル

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.