スポンサーリンク

栄養管理 法規・マニュアル

日本人の食事摂取基準(2015年版)

更新日:

【主な改定のポイント】

1)策定目的に、生活習慣病の発症予防とともに「重症化予防」を加えたこと。

・エネルギー・栄養素と生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病)の発症予防・重症化予防の関連についてレビューを行い、検討。

2)エネルギーについて、指標に「体格(BMI)」を採用したこと。

・エネルギーの摂取量及び消費量のバランス(エネルギー収支バランス)の維持を示す指標として、体格(BMI:body mass index)を採用。

・成人期を3つの区分に分け、目標とするBMIの範囲を提示。肥満とともに、特に高齢者では低栄養の予防が重要。

3)生活習慣病の予防を目的とした「目標量」を充実したこと。

・ナトリウム(食塩相当量)について、高血圧予防の観点から、男女とも値を低めに変更。

18歳以上男性:2010年版 9.0g/日未満 → 2015年版 8.0g/日未満

18歳以上女性:2010年版 7.5g/日未満 → 2015年版 7.0g/日未満

・小児期からの生活習慣病予防のため、食物繊維とカリウムについて、新たに6~17歳における目標量を設定。

 

日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要(PDF:433KB)

「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書(PDF:6,379KB)

 

以下目次

Ⅰ総論
1策定方針1
1─1対象とする個人並びに集団の範囲2
1─2策定の対象とするエネルギー及び栄養素2
1─3指標の目的と種類3
1─4年齢区分3
2策定の基本的事項4
2─1指標の概要4
2─2レビューの方法8
2─3基準改定の採択方針8
2─4年齢区分9
2─5参照体位10
2─6策定した食事摂取基準12
2─7ライフステージ別の留意点13
3策定の留意事項15
3─1摂取源15
3─2摂取期間15
3─3摂取の回数・割合、速さなどの健康影響15
3─4調査研究の取扱い17
3─5外挿方法18
3─6値の丸め方20
4活用に関する基本的事項21
4─1活用の基本的考え方21
4─2食事摂取状況のアセスメントの方法と留意点21
4─3指標別に見た活用上の留意点29
4─4目的に応じた活用上の留意点32
Ⅱ各論
1エネルギー・栄養素45
1─1エネルギー45
1─2たんぱく質88
1─3脂質110
1─4炭水化物143
1─5エネルギー産生栄養素バランス153
1─6ビタミン164
(1)脂溶性ビタミン164
①ビタミンA164
②ビタミンD170
③ビタミンE176
④ビタミンK180
(2)水溶性ビタミン194
①ビタミンB1194
②ビタミンB2198
③ナイアシン202
④ビタミンB6206
⑤ビタミンB12211
─ii─
⑥葉酸215
⑦パントテン酸220
⑧ビオチン223
⑨ビタミンC226
1─7ミネラル247
(1)多量ミネラル247
①ナトリウム(Na)247
②カリウム(K)252
③カルシウム(Ca)256
④マグネシウム(Mg)262
⑤リン(P)266
(2)微量ミネラル286
①鉄(Fe)286
②亜鉛(Zn)296
③銅(Cu)300
④マンガン(Mn)303
⑤ヨウ素(I)306
⑥セレン(Se)311
⑦クロム(Cr)315
⑧モリブデン(Mo)318
〈参考〉水343
《参考資料1》対象特性
1妊婦・授乳婦345
2乳児・小児354
3高齢者373
《参考資料2》生活習慣病とエネルギー・栄養素との関連
1高血圧397
2脂質異常症411
3糖尿病420
4慢性腎臓病(CKD)428




スポンサーリンク

-栄養管理, 法規・マニュアル

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.