スポンサーリンク

法規・マニュアル

生徒指導提要(文科省)

更新日:

文科省が生徒指導の在り方を示した生徒指導提要です。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/04/1294538.htm

 

以下目次
第1章生徒指導の意義と原理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
第1節生徒指導の意義と課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
1 生徒指導の意義
2 生徒指導の課題
第2節教育課程における生徒指導の位置付け・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
1 教育課程の共通性と生徒指導の個別性
2 学習指導における生徒指導
3 学習上の不適応と生徒指導
4 豊かな人間性の育成及び教育課程外における生徒指導
5 教育課程と生徒指導との相互作用
第3節生徒指導の前提となる発達観と指導観・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
1 人間観・発達観
2 教育観・指導観
第4節集団指導・個別指導の方法原理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14
1 集団指導と個別指導の意義
2 集団指導の方法原理
3 個別指導の方法原理
第5節学校運営と生徒指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22
1 学校運営と生徒指導との関係
2 生徒指導が機能するための学校運営
第2章教育課程と生徒指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25
第1節教科における生徒指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25
1 教科における生徒指導の意義
2 教科における生徒指導の推進の在り方
第2節道徳教育における生徒指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27
1 道徳教育と生徒指導の相互関係
2 道徳の授業と生徒指導
第3節総合的な学習の時間における生徒指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29
1 総合的な学習の時間とは
2 総合的な学習の時間と生徒指導
第4節特別活動における生徒指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
1 特別活動の目標と生徒指導
2 学級活動・ホームルーム活動と生徒指導
3 児童会・生徒会活動、クラブ活動と生徒指導
- 2 -
4 学校行事と生徒指導
第3章児童生徒の心理と児童生徒理解・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42
第1節児童生徒理解の基本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42
1 生徒指導における児童生徒理解の重要性
2 児童生徒理解の対象
3 児童生徒理解に必要な資料の収集と解釈
第2節児童期の心理と発達・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・44
1 児童期の発達の特徴
2 発達障害の理解
第3節青年期の心理と発達・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57
1 青年期の発達の特徴
2 発達障害と思春期
第4節児童生徒理解の資料とその収集・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71
1 資料収集の目的
2 把握理解すべき内容
3 資料収集の方法
4 保護者からの資料収集
5 資料収集に当たっての留意点
第4章学校における生徒指導体制・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・81
第1節生徒指導体制の基本的な考え方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・81
1 生徒指導の方針・基準の明確化・具体化
2 すべての教職員による共通理解・共通実践
3 実効性のある組織・運営の在り方
第2節生徒指導の組織と生徒指導主事の役割・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・83
1 学校における生徒指導の組織の位置- その役割と機能
2 生徒指導の校務分掌上の位置付け
3 生徒指導主事の法的位置付け
4 生徒指導主事の役割と生徒指導主事に求められる資質や能力
5 学校種別にみた生徒指導部の位置付け
第3節年間指導計画・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・87
1 指導の「目標」と「基本方針」の確立
2 指導する「時期」と「内容」の検討・改善
3 教職員の当事者意識の醸成と組織的な体制の確立
4 家庭や地域との連携と情報の発信
第4節生徒指導のための教員の研修・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・89
1 生徒指導に関する研修の意義
2 校内における研修
3 校外における研修会
- 3 -
4 その他、研修に関する留意事項
第5節資料の保管・活用と指導要録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・91
1 生徒指導に関する資料
2 資料の取扱いに関する留意点
3 指導要録などへの記入に関する留意点
第6節全校指導体制の確立・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93
1 全校で取り組むための体制づくり
2 指導体制の確立と協働のシステムづくり
第7節生徒指導の評価と改善・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・96
1 生徒指導の評価の意義
2 生徒指導の評価の位置付け
3 評価規準・基準の作成
4 生徒指導の評価の方法
第5章教育相談・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・98
第1節教育相談の意義・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・98
1 生徒指導と教育相談
2 学校における教育相談の特質
第2節教育相談体制の構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100
1 教育相談の体制づくり
2 組織的な教育相談
第3節教育相談の進め方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・104
1 教育相談の対象、実施者及び場面
2 学級担任・ホームルーム担任が行う教育相談
3 教育相談担当教員が行う教育相談
4 養護教諭が行う教育相談
5 学校管理職の教育相談的役割
第4節スクールカウンセラー、専門機関等との連携・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・125
1 連携とは
2 スクールカウンセラーとの連携
3 スクールソーシャルワーカーとの連携
4 その他の専門機関との連携
第6章生徒指導の進め方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・135
Ⅰ 児童生徒全体への指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・135
第1節組織的対応と関係機関等との連携・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・136
1 チームによる支援
2 学校種間や学校間の連携
第2節生徒指導における教職員の役割・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・141
1 教職員の責務と生徒指導
- 4 -
2 教職員の自己研鑽・研修の必要性
3 告発義務
4 部活動の指導における教員の役割
第3節守秘義務と説明責任・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・143
1 守秘義務と説明責任
2 守秘義務
3 説明責任
第4節学級担任・ホームルーム担任の指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・146
1 生徒指導における学級担任・ホームルーム担任の立場
2 生徒指導の基盤としての学級経営・ホームルーム経営
3 学級経営・ホームルーム経営と生徒指導の進め方
4 開かれた学級経営・ホームルーム経営の推進
第5節基本的な生活習慣の確立・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・151
1 基本的な生活習慣の育成と課題
2 学校・家庭・地域の役割
3 学校段階別の取組の視点と留意事項
第6節校内規律に関する指導の基本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・153
1 規範意識の醸成に関する指導について
2 校内規律に関する学校の指導
第7節児童生徒の安全にかかわる問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・157
1 児童生徒を取り巻く危険と安全教育
2 安全教育の進め方
Ⅱ 個別の課題を抱える児童生徒への指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・162
第1節問題行動の早期発見と効果的な指導・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・162
1 問題行動についての理解
2 問題行動の早期発見
3 問題行動を起こした児童生徒への効果的な指導の進め方
第2節発達に関する課題と対応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・170
1 個々の児童生徒が抱える障害特性の把握
2 個々の児童生徒の特性に応じた指導の基本的な姿勢
3 二次的障害の早期発見と予防的対応
4 保護者との協働
5 関係機関との連携
第3節喫煙、飲酒、薬物乱用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・174
1 喫煙、飲酒、薬物乱用の現状
2 喫煙、飲酒、薬物乱用防止に関する指導
3 警察や医療機関などの関係機関との連携
第4節少年非行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・176
1 少年非行の定義
- 5 -
2 少年非行の視点
3 少年非行への対応の基本
4 親と子、教員と児童生徒の「絆」の大切さ
第5節暴力行為・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・181
1 暴力行為の予防に向けた取組
2 暴力行為が発生した場合の対応
3 保護者・地域・関係機関との連携
第6節いじめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・184
1 いじめ問題の理解
2 いじめ問題への対応
第7節インターネット・携帯電話にかかわる課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・186
1 教員として必要な知識を得る
2 違法・有害情報対策
3 メールに関係するトラブル被害
4 被害発生時の対処
5 通報・相談窓口について
第8節性に関する課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・189
1 児童生徒の性に関する現状と課題
2 性に関する問題行動や性的被害の防止とその対応
第9節命の教育と自殺の防止・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・191
1 命の教育の意義
2 自殺の防止
第10節児童虐待への対応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・193
1 児童虐待の定義と、発見・通告・支援制度
2 学校の虐待対応
第11節家出・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・196
1 家出は非行の始まり
2 家出の原因・背景
3 家出を防ぐ指導の在り方
第12節不登校・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・198
1 不登校の定義とこれまでの変遷過程
2 校内で求められる生徒指導体制の在り方
第13節中途退学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・201
1 高等学校中途退学者の現状と課題
2 中途退学防止に向けての積極的な指導とは
3 具体的な取組
4 中途退学者の進路指導の在り方
5 悩みや病的疾患を抱える生徒
第7章生徒指導に関する法制度等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・204
第1節校則・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・204
- 6 -
1 校則の根拠法令
2 校則の内容と運用
第2節懲戒と体罰・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・205
1 懲戒の種類
2 懲戒の根拠法令
3 懲戒の手続
4 体罰の禁止
第3節出席停止・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・207
1 出席停止制度の趣旨と意義
2 出席停止制度の運用
第4節青少年の保護育成に関する法令等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・208
1 国における青少年育成施策
2 青少年保護育成条例
第5節非行少年の処遇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・210
1 犯罪少年の処遇
2 触法少年の処遇
第8章学校と家庭・地域・関係機関との連携・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・221
第1節地域社会における児童生徒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・221
1 社会環境と児童生徒
2 地域社会の教育力
3 地域社会と学校
第2節学校を中心とした家庭・地域・関係機関等との連携活動・・・・・・・・・・・・225
1 家庭・地域・関係機関等との連携の意義
2 家庭・地域・関係機関等の役割
3 連携活動の進め方
第3節地域ぐるみで進める健全育成と学校・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・231
1 青少年の健全育成について
2 社会教育との連携・融合について
3 体験活動と児童生徒の居場所づくり
第4節社会の形成者としての資質の涵養に向けて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・237
1 現代社会における教育の使命
2 社会の形成者としての資質
3 社会的なリテラシーの育成
[索引]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・241
- 7 -
~~~コラム~~~
【コラム】生徒指導4
【コラム】生徒指導と進路指導4
【コラム】「学業指導」の取組19
【コラム】ラポールとは73
【コラム】妥当性と信頼性75
【コラム】校訓を活かした学校づくり94
【コラム】アセスメントとは103
【コラム】コーピングとは103
【コラム】児童生徒の問題行動の心理環境的背景にあるもの① 106
【コラム】児童生徒の問題行動の心理環境的背景にあるもの② 107
【コラム】ケース会議とは108
【コラム】児童生徒の問題行動の心理環境的背景にあるもの③ 112
【コラム】育てる(発達促進的・開発的)教育相談という考え方113
【コラム】統合失調症とは130
【コラム】「早寝早起き朝ごはん」国民運動について153
【コラム】教育委員会と学校の緊密な連携体制の構築に向けて168
【コラム】情報活用能力186
【コラム】情報モラル教育187
【コラム】要保護児童対策地域協議会196
【コラム】「学校及び保育所から市町村又は児童相談所への
定期的な情報提供に関する指針」について196
【コラム】子ども・若者育成支援推進法209
【コラム】子どもを見守り育てるネットワーク活動の推進について229
【コラム】体験活動の大切さ236




スポンサーリンク

人気記事

1

無料で使えるExcel(エクセル)ベースの日本食品標準成分表2015年版(七訂)に基づいた栄養計算・栄養価計算ソフトです。 日本食品標準成分表2015年版(七訂)が発行され、栄養計算ソフトを購入を検討 ...

2

栄養教諭になるには、2つステップがあります。 1栄養教諭免許を取得する 2教員採用試験に合格する 栄養教諭は教員なので、教員採用試験になります。 1栄養教諭免許を取得する 栄養教諭を目指す方は、いろい ...

3

栄養教諭の日常業務において、放送資料作成は毎月のルーチンワークであり、効率化・合理化が求められます。 今回、放送資料が簡単に作成できたらいいなーと思い、ソフトを開発しました。 過去の放送資料より検索が ...

4

今年度の日程   栄養教諭の免許取得方法 試験対策   関連

5

文部科学省より平成28年2月に発行された小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」のデータ一覧です。 リンク先でワークシート、指導者用資料、画像データのzipファイルなどがダウンロードできるようにな ...

6

文科省より日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年が公開されました。それに伴い栄養計算ソフトも更新しました。しかし、2015年版と微妙に違いますので、アップデートではなく、既存の2015年 ...

7

ワークシートやおたよりを作る際に、対象学年の習熟している漢字を使用することが望まれます。 ワードでは、実は何年生で習う漢字か教えてくれる機能がありますので紹介します。 この機能を使うと、習っていない漢 ...

8

なぜ成長曲線が重要か いままでは肥満度 20%以上だから肥満傾向~といった評価でしたが、平成28年度からは計測時の1点だけではなく、成長曲線等を用いて経過も重視するというようになっています。 例えば同 ...

9

栄養教諭になるためには栄養教諭免状が必要です。 栄養教諭免許制度については以下の文科省のページより http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/eiyou/04111101 ...

10

栄養教諭になるための情報をまとめました まず栄養教諭の免許を持っていない人は 栄養教諭になるには の項をご覧ください。現在高校生以前、大学生、栄養士と状況に応じた対応がまとめてあります。   ...

11

文科省から小学生用小学生用食育教材「たのしい食事つながる食育」のWORD版が公開されました。 これにより、自分の好きなように加工して使用できるようになりました。画像とかも使えるのはうれしいですね。 今 ...

12

みなさんは食育の掲示資料をどのように作っていますか? おそらくほとんどの人はWordでA4かA3で印刷しておしまい。というパターンだと思います。 忙しい日常ではそれでいいのですが、立体的な教材を作るの ...

13

献立表や給食便りを作成するときに、小学4年生程度で 習熟している漢字を使用することが望ましい場合が多いと思います。 このエクセルファイルを使用すると、何年生で習う漢字かがわかります。 便り等作成にご活 ...

14

学校給食関係のマニュアルや通知はどんどん増えていって、どこになにがあるのかよくわからなくなっています。文科省からでたり、学校保健会からでたり、スポ振からでたり・・・。カテゴリ別に分けてみましたので、ブ ...

15

文部科学省より日本食品標準成分表2015年版(七訂)が発行されています。今回の改訂より、エクセルファイルが公開になりました。この公開された日本食品標準成分表2015年版(七訂)のエクセル版を使って、自 ...

-法規・マニュアル

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.