スポンサーリンク

雑記

「牛乳なし給食」の真相

更新日:

6月29日の朝、NHKの全国ニュースによる「コメどころの新潟県三条市が、今年9月から給食の献立から「牛乳」を外す方針を固めた」という報道から始まり、6月末から7月初旬野の新聞には「給食の牛乳を廃止」という見出しが躍り日本中で話題になりました。 記事をよく読んでみると給食とは別に「ドリンクタイム」で牛乳を提供するということになっています。見出しだけみれば牛乳の提供自体がなくなると誤解しそうです。

実際に三条市へ「牛乳をなくすとは何事だ」という電話が入っていたそうです。 三条市の担当者に話を聞いたときに聞いた話です。「みなさん誤解があるようですが・・・」と言われていました。

 

今回の件で「牛乳なし給食」という呼称が一般 にも定着したようですが、それが夏休み明けの2学期から始まります。 牛乳を休止していた期間、煮干し粉やヨーグルトなどの食材ではメニューが「固定化」するとして、牛乳は給食と分けて提供するとのこと。

三条市の説明によると、牛乳停止期間の評価は給食残量調査を以って行ったとありました。 牛乳を提供していた11月と牛乳停止期間中に大きな差はないと結論づけていましたが、少し怪しいです。 実際には小・中学校ともに残量は増えています。 中学校の残量が多く中学校の場合は主食量やおかずの量が増えたことが影響していると考察されていました。 小学校については試行期間中インフルエンザや風邪の流行で体調不良者が多かったという考察がなされていました。

 

続きは http://www.kyushoku.jp/truth/2015/07/3482/

 




スポンサーリンク

-雑記

Copyright© nutr.net 学校給食・食に関する指導・栄養教諭の情報などのポータルサイト , 2017 AllRights Reserved.