nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

ニュース

台風16号、伊勢志摩で9000食以上の給食廃棄 暴風警報発表時刻が明暗分ける

投稿日:

9月20日、台風16号による影響で広域伊勢志摩圏内の小・中学校で提供する給食を廃棄しなければならない事態が発生した。その数9000食以上。

 

気象庁は10時11分、三重県の沿岸部の自治体に一斉に暴風警報を発表。お隣の和歌山県沿岸部の田辺市や新宮市などにはそれよりも約5時間早い5時14分に暴風警報を発表した。警報発表を受けた小・中学校では児童・生徒の安全を優先し、自宅待機、休校、登校後であれば下校などの措置を取らなければならない。

今回の台風で問題になったのは気象庁が暴風警報を出した時刻が非常にまれなケースだったからだ。給食を作るか作らないか、食べさせるか食べさせないかの判断が各市町で明暗を分けた。

志摩市は学校給食共同調理場で市内の小学校15校、中学校7校の給食約3750食を作っているが、ほとんど全てを廃棄しなければならなかった。志摩市給食センター(阿児町)所長の北村和茂さんは「8時の時点で警報が解除されていなければ作らないが、その時点では警報が出ていなかったので調理に取り掛かった。登校後に下校する場合、給食を早めに食べさせる対応を取ることがあるので、それを想定して少しでも早く作って規定内に届けようと準備したが、途中で警報が出たためにストップして廃棄せざるを得なかった」と打ち明ける。この日のメニューはチキンカレー、麦ご飯、フルーツポンチ、牛乳など材料費だけで約90万円。

 

くわしくは http://iseshima.keizai.biz/headline/2651/

 

スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.