nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

ニュース 衛生管理

すべて同じ刻みのりを使用 和歌山県御坊市 東京都立川市・小平市 学校給食集団食中毒

投稿日:

和歌山県御坊市 東京都立川市・小平市のすべてで同じ刻みのりが使われていたようですね。

報道では刻みのりを素手で切っており、その切った人はノロウイルスだと認識していたようです。以前のカイワレ大根のように風評被害にならないことを祈ります。平成29年度は全国から磯和えが消えそうですね。

文科省から注意喚起がでています。

教育新聞より

東京都の立川市立小学校で起きた集団食中毒で、食品会社「東海屋」(大阪市)が製造した「きざみのり」にノロウィルスが付着していたのが特定され、2月28日に公表された。これを受けて文科省は同日、同社が製造したきざみのりを学校給食の食材として納入した7都府県教委に対して注意喚起を行った。また全国の都道府県教委などに、学校給食における衛生管理を徹底するよう、この前日の27日に通知した。

同省は、同社が製造した品名「キザミのり2ミリ青」を納入していた東京、埼玉、和歌山、大阪、滋賀、兵庫、大分の7都府県教委に対して、注意して取り扱うよう連絡した。

さらに同省は、原因が特定さる前の2月27日付で「学校給食における衛生管理の徹底」と題する通知を、全国の教委に向けて発出した。それによれば、「ノロウイルスは少ない量で感染する」などとして、手洗いや食材の加熱を十分にするなどの衛生管理を徹底するよう求めた。

同省の和田勝行健康教育・食育課長は「全国の教委に対策を取るよう連絡した。現在は状況を見守っていくしかない。だが、今後は厚労省や農水省と連携し、再発防止に向けて協議していくつもりだ」と話している。

https://www.kyobun.co.jp/news/20170301_03/

 




NHK NEWS WEBより

東京・立川市で小学校の児童と教職員1000人余りがおう吐などの症状を訴えた集団食中毒で、東京都は、学校給食に使われた「刻みのり」が原因と特定し、和歌山県や東京・小平市でも同じ刻みのりが給食に出され、食中毒などが発生していることから、都が関連を調べています。
東京・立川市で先月発生したノロウイルスによる集団食中毒は、7つの小学校の児童と教職員1000人余りがおう吐などの症状を訴え、都は2月28日、学校給食の親子丼に使われた「刻みのり」が原因と特定しました。
この刻みのりは、大阪・都島区の「東海屋」が製造・販売する主に食堂や給食センターなどが仕入れる業務用の商品で、東海屋が自主回収を進めているということです。
都によりますと、自主回収の対象となるのは、去年12月から27日にかけて販売された分で、都は東海屋を管轄する大阪市に、流通状況の調査を依頼しました。
また、都によりますと、1月下旬、和歌山県御坊市で、小中学校や幼稚園で出された給食が原因とみられる集団食中毒が発生したほか、先月23日からおとといにかけ東京・小平市で、給食を食べた児童や教職員90人余りがおう吐や下痢の症状を訴え、いずれも給食に同じ刻みのりが使われているということです。
都は、患者から検出されたノロウイルスを分析するなどして関連を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170301/4321181.html

ことし1月、和歌山県御坊市で起きた給食が原因の集団食中毒で、患者の便から検出されたノロウイルスと、先月、東京・立川市で起きた集団食中毒で検出されたノロウイルスの遺伝子の型が一致したことがわかりました。

ことし1月26日から翌日にかけて、和歌山県御坊市で起きたノロウイルスの集団食中毒では、小中学校や幼稚園の子どもなど700人余りが、おう吐などの症状を訴え、給食として出された「刻みのり」を使った磯あえにノロウイルスが混入したのが原因と特定されました。

一方、先月、東京・立川市で1000人以上が症状を訴えたノロウイルスの集団食中毒では、給食に使われた「刻みのり」が原因と断定され、これは御坊市で磯あえに使われたものと同じ、大阪・都島区の「東海屋」が製造・販売したものでした。

東京都と和歌山県によりますと、その後、詳しく遺伝子を分析したところ、御坊市の患者の便から検出されたウイルスと、立川市の未開封ののりから検出されたウイルスの遺伝子の型が一致し、感染源が同じと見られることがわかったということです。

和歌山県は当時、御坊市の給食センターがのりを使い切っていたことから、「詳細な感染源は特定できない」としていますが、今回の結果を受け、「磯あえの刻みのりが感染源である可能性が高いと推測できる」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170301/k10010895361000.html

スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース, 衛生管理
-

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.