nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

ニュース 栄養管理 法規・マニュアル

栄養士なら知っておきたい、「成分表2015年版(七訂)追補2017年」のポイント2つ

更新日:

2015年に公表された日本食品標準成分表2015年版(七訂)ですが、2016年には日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年が発表され、2017年12月に日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年が発表されました

あまり追補のものはメジャーではないので、追加された部分や変更された部分などを説明します

知っておくべきことは2点で
・ナイアシン当量が増えた
・食品数が増えた

ということです。

成分表2015年版(七訂)ではひじきが製造工程(鉄釜、ステンレス釜)により鉄分が変わって大きく減少した点、切り干し大根の鉄分が減少した点などがポイントでした

その成分表2015年版(七訂)を基準に、追補2016年、追補2017年と変更した点を説明します。

日本食品標準成分表2015年版(七訂)と追補版の比較

食品数と成分項目数

食品数 成分項目数
七訂 2,191 52
七訂追補2016年 2,222 53
七訂追補2017年 2,236 53



成分項目に追加されたナイアシン当量

七訂追補2016年より、ナイアシン当量が追加されました

これは食事摂取基準(2015年版)ではナイアシン当量(NE)が用いられているためです。

ナイアシン当量はナイアシンとトリプトファンから算出できます。

ナイアシン当量(mg NE)=ナイアシン(mg) + 1/60トリプトファン(mg)

トリプトファン量が未知の場合には、たんぱく質量の約 1 %をトリプトファン量とみなします。

ナイアシン当量(mg NE)=ナイアシン(mg) + たんぱく質量(g)×1000 (mg/g)×1/100×1/60

七訂追補2016年で追加された食品

キヌア、米こうじなど、流行によって需要ができた食品が追加されています

また、和食の世界文化遺産化により出汁関係(かつおやあごだしなど)が充実しました

黒はんぺんなど、ご当地食材もメジャーになると掲載されるようになりました

そのほかにこんにゃくゼリーが追加されました。

  • 01167 キヌア 玄穀
  • 01152 こめ[水稲穀粒]精白米 インディカ米
  • 01168 こめ[水稲めし]精白米 インディカ米
  • 01116 こめ [うるち米製品]米こうじ
  • 01169 こめ[うるち米製品]ライスペーパー
  • 03015 (でん粉糖類) 粉あめ
  • 04095 だいず[豆腐・油揚げ類]油揚げ 甘煮
  • 05004 えごま 乾
  • 06363 うるい 葉、生
  • 06364 かんぴょう 甘煮
  • 06095 しそ 葉、生
  • 06365 (しょうが類)しょうが 根茎、皮むき、生、おろし
  • 06366 (しょうが類)しょうが 根茎、皮むき、生、おろし汁
  • 06367 (だいこん類)だいこん 根、皮むき、生、おろし
  • 06368 (だいこん類)だいこん 根、皮むき、生、おろし汁
  • 06369 (だいこん類)だいこん 根、皮むき、生、おろし水洗い
  • 06370 (トマト類)ドライトマト
  • 06371 れんこん 甘酢れんこん
  • 07042 (かんきつ類)オレンジ バレンシア 果実飲料 ストレートジュース
  • 07156 (かんきつ類)レモン 果汁、生
  • 07097 パインアップル 生
  • 07177 パインアップル 焼き
  • 07178 ぶどう 皮つき、生
  • 07179 マンゴー ドライマンゴー
  • 07176 りんご 皮つき、生
  • 07180 りんご 皮つき、焼き
  • 08053 しいたけ 乾しいたけ 甘煮
  • 08034 まつたけ 生
  • 10421 <魚類>とびうお 煮干し
  • 10422 <魚類>とびうお 焼き干し
  • 10423 <水産練り製品>黒はんぺん
  • 11198 <畜肉類>ぶた[その他]ゼラチン
  • 15142 <デザート菓子類>こんにゃくゼリー
  • 16059 <アルコール飲料類>(混成酒類)缶チューハイ レモン風味
  • 17130 <調味料類>(だし類)あごだし
  • 17019 <調味料類>(だし類)かつおだし 荒節
  • 17131 <調味料類>(だし類)かつおだし 本枯れ節
  • 17132 <調味料類>(だし類)昆布だし 煮出し
  • 17133 <調味料類>(調味ソース類)魚醤油 いかなごしょうゆ
  • 17134 <調味料類>(調味ソース類)魚醤油 いしる(いしり)
  • 17135 <調味料類>(調味ソース類)魚醤油 しょっつる
  • 17136 <調味料類>(その他)キムチの素
  • 17054 <調味料類>(その他) みりん風調味料
  • 17082 <その他>酵母 パン酵母、圧搾
  • 18023 松前漬け しょうゆ漬



七訂追補2017年で追加された食品

寿司ネタ関係や魚介類が充実しました

またジビエ関係のしか肉も追加されました

  • 06372 ほうれんそう葉冷凍ゆで
  • 06373 ほうれんそう葉冷凍油いため
  • 08054 (きくらげ類)あらげきくらげ生
  • 10424 <魚類>かんぱち背側生
  • 10425 <魚類>(まぐろ類)めばち赤身生
  • 10426 <魚類>(まぐろ類)めばち脂身生
  • 10427 <貝類>あわびくろあわび生
  • 10428 <貝類>あわびまだかあわび生
  • 10429 <貝類>あわびめがいあわび生
  • 10430 <貝類>かき養殖フライ
  • 10431 <えび・かに類>(えび類)さくらえび生
  • 10432 <いか・たこ類>(たこ類)みずだこ生
  • 11294 <畜肉類>しかにほんじかえぞしか赤肉生
  • 11295 <畜肉類>しかにほんじかほんしゅうじか・きゅうしゅうじか赤肉生
  • 17137 <調味料類>(調味ソース類)ぽん酢しょうゆ、市販品
  • 17138 <調味料類>(その他)料理酒



各成分表のダウンロードリンク(厚生労働省のサイト)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)

改訂概要

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/04/01/1369255_summary.pdf

収載食品名一覧

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/03/31/1369255_2.xlsx

説明

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/16/1365334_1-0101r9_1.pdf

日本食品標準成分表 Excel(日本語版)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/25/1365334_1r12.xlsx

 

日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年

Q&A(追補2016年)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/22/QA_2016.pdf

説明

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/22/1380333-1r2.pdf

日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年 Excel(日本語版)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/19/1380333-1-2r11.xlsx

日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

説明

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/20/1399522_0101.pdf

日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年 Excel(日本語版)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/25/1399522_0102r_1.xlsx

スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-ニュース, 栄養管理, 法規・マニュアル

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.