nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

指導資料 雑記

フードマイレージの本質-地場産トマトは輸入トマトより環境に悪い

投稿日:

フードマイレージとは

食品の輸送にかかる環境負荷を表す指標(または考え方)の一つです。

重さ×距離で示されることが多く、1トンのものを1キロメートル運ぶと、フードマイレージは1トン・キロメートルになります。

もともとフードマイルだったのですが、航空会社のサービスでよく耳にする「マイレージ」が採用されたようです。

食品自給率とは何が違う?

同じ食品輸入の問題を把握するのに食品自給率という考え方があります。

こちらは「コメの〇%が輸入」という感じでわかりやすいのですが、距離の概念がありません。

用途に応じて指標は使い分ける必要があります。

フードマイレージに関係する2つの問題

環境負荷(二酸化炭素の排出量が多い)

フードマイレージが大きいということは、輸送に伴うコストが高いということです。

つまりそれだけ環境負荷が大きいということとつながります。

そのため二酸化炭素の排出が多くなり、地球温暖化に影響するという考えにつながります。

経済圧力

発展途上国と先進国の貿易では経済圧力の対象になります。

途上国で安価に作られた作物を先進国が大量に輸入している場合、先進国が経済圧力をかけて「いうことを聞かないと輸入しないぞ」という外交に使われるリスクがあります。

日本においては輸入相手国がアメリカ、カナダ、オーストラリアがほとんどなので、これにはあまりあてはまりません。

しかし特定の松茸などの輸入に関しては某北の国の経済圧力に使われています。

日本のフードマイレージは世界一の「カラクリ」

日本のフードマイレージはダントツで世界一です。

  • 日本は輸入してそれを捨てている
  • 自給自足ができていない
  • 環境意識が低い

など様々な意見があります。

フードマイレージの内訳と他国との比較

次のグラフをみてください。

フードマイレージ

クリックで大きくなります

日本はダントツで世界一!恥ずかしい!と思うのは少し軽率です。

このフードマイレージは搾油用の種や果実を含みます。
つまりごま油や大豆油の原料などを含みます。
さらに飼料用のトウモロコシも含みます。

単純にフードマイレージを減らしたければたくさん飼料を食べる牛肉や豚肉、鶏肉を食べなければいいです。

もしくは家畜が食べる飼料はすべて国産に限ればよいです。

そして国産飼料で飼育できない畜はすべて輸入すればよいです。

そして国内では輸入作物の搾油を禁じて、油自体を輸入すればよいです。

搾油用と飼料用を除けば、日本はダントツのワースト1ではなくなります

しかし仮にこのような取り組みを行って、マイレージは下がっても、根本的な「環境問題」は解決しません。

フードマイレージの欠点

そもそも問題は食料だけではない

日本の輸入は8億トンで、食料品はその約7%の5800トンです。

ちゃんと環境負荷を考えるならすべての輸入品を対象とした「グッズマイレージ」を考える必要があります。

輸入品をそれぞれ考えると計算が大変ややこしくなるので、計算しやすくて説明しやすい「フードマイレージ」が普及したということを知っておく必要があります。

単純に距離だけでは環境負荷(二酸化炭素排出量)がわからない

食品を輸送する手段によっても二酸化炭素排出量が違います。

例えば航空機で輸送すると、1トン1kmあたり1461グラムの二酸化炭素が排出されると試算されます。
しかし船で運ぶと1トン1kmあたり21グラムしか二酸化炭素を排出しません。
(出典:国土交通省「交通関係エネルギー要覧」、平13・14年版)

フードマイレージは重さ×距離で、環境負荷(二酸化炭素排出量)の指標です。

しかしその距離も輸送方法によって70倍以上変わってきます

自給率では距離の概念がありませんでしたが、フードマイレージは輸送方法の概念がありません

輸入品の方が地場産品より環境にやさしい場合がある

フードマイレージで考えると輸入品よりも、自分の住んでいる地域の品のほうが環境にやさしいです。

しかし輸入品が路地もののトマトで、輸送が船の場合と、地場産物でハウス栽培と考えると圧倒的にハウス栽培のほうが排出二酸化炭素が多いことが多々起こります。

地場産物を長期間冷凍保存や冷蔵保管することにより輸入品よりも環境負荷が上がることがあることも知っておきたいです。

地産地消ばかりでなく旬産旬消も頭に入れておかないと、本質を見失ってしまうことになりかねないと思います。

スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-指導資料, 雑記

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.