nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

栄養管理

学校給食における推定エネルギー必要量(EER)計算 中級 ~学級・学年編~

投稿日:

栄養士の基礎中の基礎ですので、日本人の食事摂取基準2015年版で確認しましょう。

 

個人の推定エネルギー必要量は基礎編をご覧ください。

今回はクラス単位、学年単位の推定エネルギー必要量の算出方法です。

計算式、使用する表は個人の推定エネルギー必要量と同じです。

集団の推定エネルギー必要量を計算するのに一番よいのはクラスまたは学年の全員の身長・性別を計算することです。

しかし毎年すべてのデータを更新することは大変ですので、学校保健統計で報告が必要な身体測定の値を使ってクラス単位、学年単位の推定エネルギー必要量を算出するとよいです。

 

その際の必要なことは

・男女別の平均身長(身長中央値の方が望ましい)

・男女比率

以上です。

年齢は各学年で小学1年生は6歳~のように決めておきます。

 

それでは求めていきます。

 

1.平均身長(または身長中央値)より1食あたり推定エネルギー必要量を求める

例) 小学3年生(10歳) 男子 平均身長127.4cm  女子 平均身長127.1cm

男子 40.8×26.6×1.70+25=1871  1食あたりは623.7≒          620

女子 38.3×26.3×1.70+25=1737  1食あたりは579.1≒          580

2.男女比で加重平均をかける。

男女の値を足して2で割ってもいいのですが、より実情に合わせるために加重平均にします。

例) 男子40% 女子60%の割合の場合は 620×0.4 + 580×0.6 =248+348=596

つまりこの集団の1食あたり推定エネルギー必要量は596kcalになります。

 

集団がクラスならクラスの、学年なら学年の推定エネルギー必要量になります。

 

ちなみに文科省が出している学校給食実施基準は小学校低学年・中学年・高学年及び中学校の区分になって

いますので、さらに集団が大きくなります。

 

低学年の1食あたり推定エネルギー必要量算出例

1年 男子 520kcal 女子483kcal

2年 男子 581kcal 女子540kcal

比率 1年男子24% 1年女子23% 2年男子27% 2年女子26%

520×0.24+483×0.23+581×0.27+540×0.26=533

 

よって低学年の1食あたり推定エネルギー必要量は533kcalです。

実際の給食の状況にあわせて学年別、低中高別等の値を使い分けてください。

もちろん栄養管理の個別の対応度は クラス単位 > 学年単位 > 低・中・高・中学単位 です。




スポンサーリンク

おすすめ書籍

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-栄養管理

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.