nutr.net

学校給食関係のニュースの解説/給食指導の方法/食育媒体、指導案、ワークシートの紹介/栄養教諭採用試験情報など

雑記

花咲徳栄 栄養教諭がセンバツ アスリートメシ(アスメシ)を考案

投稿日:

<第88回選抜高校野球>
梅ご飯、ワカメと竹輪のあえ物、メインのフカ(サメ)肉のカツレツ。花咲徳栄(埼玉県加須市)の食堂にカルシウムや鉄分をバランスよく取れるメニューが並んだ。運動部員向けに工夫した「アスリートメシ(アスメシ)」だ。

疲労回復効果がある梅干し、ミネラルが豊富なワカメ、高たんぱくで低脂肪のフカ肉。1食で1160キロカロリーあり、男子高校生が1日に必要とするカルシウムの半分が取れる。赤、緑、黄色と彩りもきれいだ。

調理したのは食育実践科の生徒たち。同校は文部科学省のスーパー食育スクールに指定されている。文科省は2014年度、食育が体力や学力を向上させるのかを科学的に検証する事業を開始。初年度は花咲徳栄など全国の小中高42校、15年度は35校を選んだ。食事と学習意欲との関係、伝統野菜の効用といったテーマは各校が決める。

花咲徳栄は食とスポーツをテーマに選んだ。アスメシは、栄養教諭がメニューを考え、食育実践科の生徒らが仕込みから片付けまでをこなす。食べる前に栄養素について説明もし、「おにぎりなどの補食で糖質とたんぱく質を取ろう」などとアドバイス。同校の調査では、アスメシを始めてから必ず補食を取る運動部員は2倍に増えた。野球部の主力選手の骨密度も向上した。

続きは http://mainichi.jp/koshien/articles/20160316/ddm/041/050/118000c

 

 



スポンサーリンク

Pick Up

1

目次1 調理場の運営方式2 単独校方式2.1 メリット2.2 デメリット2.3 検討事項3 センター方式3.1 メリット3.2 デメリット3.3 検討事項4 親子方式、小規模センター 調理場の運営方式 ...

2

食育に限らず、アンケートを行う場合、有意差や相関性を調べたい。ということがあると思います。 そのためには統計学を勉強する必要がありますが、Σやら自由度やら難しい言葉がたくさんあって、とっつきにくいです ...

3

食物アレルギー栄養指導の手引き2017が完成しました。 前回が2011でしたので、6年ぶりの更新になります。 目次1 食物アレルギー栄養指導の手引き2017とは?2 手引きは誰のために書かれている?医 ...

-雑記

Copyright© nutr.net , 2018 AllRights Reserved.